横浜でのんびり働いています。 備忘録的につまらないことを徒然に書いています。


by cantabile-mu
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:世間に想う( 16 )

どうも今日は天気はいいのによくないニュースが多いようですね。



ここでは今日の流れとは関係ないニュースを。

あの”日本ダービー”で牝馬であるウォッカが勝ちました!!
これは本当に歴史的なことです。

なんとも64年ぶり、
オークスという牝馬版のダービーが出来てからは初とか。

私は馬券は買わないけど長年競馬は好きで時々見ますが、
本当にすごいこっちゃああああですよ。


なんとも特徴のある名前の馬ですが、
馬名の由来は、

大麦・ライ麦を主原料としたロシアの代表的な蒸留酒。
アルコール分が40~60%もあり、火酒ともいわれる。
父タニノギムレットは02年の皐月賞3着、ダービーの優勝馬。
ギムレットはジンにライム果汁を混ぜたカクテル。
父母娘すべての生産者兼オーナーの谷水雄三氏によると
「(馬名の由来は)ジンより強いお酒だから。
(冠名の)タニノを付けなかったのは、ストレートの方が強いから」。

サンスポより。


とのこと。

馬名1つでもここまで考えられているんですね・・・
深い。



同じスポーツつながりだけど、
最近我が阪神かなり弱いんですけど・・・・

弱小時代から応援している私としてはそこまでの衝撃ではないけど、
なんか寂しい感じです・・・
[PR]
by cantabile-mu | 2007-05-28 16:54 | 世間に想う
山形県代表の日大山形は惜しくも負けてしまいましたが・・・

やっぱり甲子園の野球は面白い!


勝ったチーム、負けたチームにそれぞれのドラマがある。

プロ野球ではめったにないが、
高校球児たちの試合を見て、胸にこみあげるものがある。


それは彼らが、
負けたら明日はない、という残酷な事実を彼らが背負いつつも、
本当に純粋に野球に対して、誠心誠意取り組んでいるから、
その瞬間瞬間を、一生懸命だから。
だと思います。



自分勝手で瑣末なことにイライラ、ウジウジする自分が情けない。






今日は私の職場にとって半年に一回の大切な日。

手短ですみませんががんばってきま~す(`・ω・´)シャキーン
[PR]
by cantabile-mu | 2006-08-21 08:26 | 世間に想う
球児の夏!!甲子園がついに開幕!!!





・・・してますね(-_-;)

書くのが異様に遅くなってすみません。



なぜいまさら書くかというと

山形県勢初のベスト8!

という快挙が成し遂げられたからです。




昨日の今治西 VS 日大山形

日大山形は相手投手の乱調を見逃さず一気に4点の先制。
しかし、今治西もじわじわと差を詰め、
一気に七回に同点に逆転!
しかし日大山形も同点に追いつく。

そして延長戦へ。

チャンスを得ながらもなかなか得点できない双方打線(かなりいらついた)

それが大きく動いたのが13回。

今治西、相手の守備の乱れをついて一気に2点勝ちこし。


ここで終わったー・・・と思いましたよ。かなり、
だって12回に満塁のチャンス逃してたし。



しかし、しかし、しかし、
日大山形はその裏打線が爆発!3連続安打もあって、一気に同点。
そして最後は犠牲フライでサヨナラ!!



いやー、感動しました!!!!



ってのもあったけど、結構疲れました。

だってなんか日本特有の決定力のなさが垣間見えたので(-_-;)
きめろよ~、みたいなのが何回あったか

でもま、一生懸命がんばる球児の姿はいいもんです。





しかし、しかししかししかしですよ、
あれだけ白熱した試合なのに、メディアでの注目度は低く・・・
ま、そりゃたしかに地味な組み合わせですけどさ・・・





とりあえず目指せベスト4!!!!!



次の相手は・・・早実か。


やべぇな・・・強い。


頑張ってワセダ倒してみてくれーーーーーヾ(*`Д´*)ノ
[PR]
by cantabile-mu | 2006-08-17 08:33 | 世間に想う

頑張った、サムライ

おはようございます!


日本、無念・・・
初戦の影響力の大きさを感じます。
今回のジーコ監督の采配は今までと違うFWを起用したり、違うものを感じます。
監督の中には、次回のW杯へ・・・という思いがどこかあったのかもしれません。

玉田、巻、今回出ていない平山など、次世代の選手が、
また中田らとともに日本サッカーを引っ張っていってくれると信じます。



さて話しは変わります。

今回スポーツ新聞の見出しには「終戦」という言葉が多いですね。
私も出るんだろうな、と思ったらやはり多くの新聞がこの言葉を用いています。

それはなぜか。

やはり「終戦」という言葉が私たち日本人にとって目のひかれる、
インパクトがある言葉であるからなのでしょうか。

いやそれは私の気のせいで、ほかの国でも多く使われているのかもしれませんが。

今回、改めて考えました。





さてさて、今日は給料日です。(土日があるため)

今月は先月の給料、ボーナスとあったのですが。


がっつり残ってません。


まぁ、有意義に使った・・・はずです。

給料が出たらなぜか強気になっちゃうので、
またすぱーっと使っちゃうことでしょう(^_^;)


とりあえず清涼スーツでも買おうかな・・・
[PR]
by cantabile-mu | 2006-06-23 08:23 | 世間に想う

わかっていることですが

負けちゃいましたねぇ・・・・

あれやこれやいいたいですがやめましょう。


ま、あれだ。


まだまだ試合終了ではない。

ここは安西先生の言葉を思い出して・・・・・



頑張れJapan!!!
[PR]
by cantabile-mu | 2006-06-13 00:01 | 世間に想う
さて、せっかくの休みだし、日記でも書きましょうか。

※注 2回目の投稿なので1回目もよかったら読んでください_(._.)_



今日は初めて無言電話が家にかかってきました。
怖いですね・・・ま、とりあえず気にしないことにします。



さてさて、これを書かないわけにはいかない(?)


W杯開幕!!


ま、私は野球好きですし、結構静観してるんですけど(笑)


最近仕事の関係で、W杯に触れる機会が実は多かったんです。
それに伴って、ようやく背番号ちょっと覚えたり、対戦日覚えたりと
興味を持ちはじめたわけです。


日本は勝ってくれるんでしょうか?


ま、とにかく勝つに越したことはないですよね!!!


頑張れJapan!!



にわかファン誕生(笑)
[PR]
by cantabile-mu | 2006-06-12 19:37 | 世間に想う
大学駅伝における一番のメインイベント、
第82回箱根駅伝が終わりました。

私は中学校のとき長距離で走ってたので、毎年見てました。
今年もばっちり見たのでその感想をば。


今年の箱根は、一言で言って「予想外」が飛び回る展開でした。


なんといっても一番の予想外は
1位亜細亜大学 2位山梨学院大学 というワンツー。
私は特集の記事や、ネットでのチェックをしていましたが、
その2つが、この順位に食い込んでくるという予測は、一つもありませんでした。


ではなぜその結果になったか、

一つは「チーム力の勝利」ですね。

亜細亜大は他の大学と比べて、決定的なエースというものが存在しませんでした。
その証拠に、区間賞は一つしかありません。
亜細亜大学においてはその「エースの不在」というものがプラスに影響しました。
全員が全員を頼りにして走る。つまり「All for one,one for all」
というものががっちり出来ての、相乗効果の結果だと思われます。

山梨学院大は絶対的な外国人留学生のエースが存在し、
彼を中心として、チームがまとまった結果と言えます。
エースが往路(前半)において作った流れが、次のランナーへと
つながっていったのが目に見えました。
その留学生の彼は1年生ながらふがいないチームメイトへ
日本語で「もっとしっかり練習しないとだめだよ」と発破をかけたそうです。
まったく末恐ろしい・・・


二つ目は「有力チームのトラブル・調整ミス」ですね。

今回、最初に優勝候補と呼ばれたチームは、
駒澤大学、東海大学、日本大学、順天堂大学、中央大学、日本体育大学でした。
それらの大学がなぜ1位、2位を取れなかったかはこれにつきます。
例えば、駒沢大、安定感は随一と思われましたが、
かなりのタイムを持つメンバーの欠場、復路エースの明らかな不調など、
優勝を確実にする肝心のメンバーが実力を発揮できませんでした。
東海大学、日本大学、日本体育大学においてはチームにおける絶対的エースが
力を発揮できないまま終わりました。
また順天堂大学ほか、脱水症状を起す選手が見られました。
(経験ありますが、脱水症状はほんとに頭がぼうっとして、方向感覚が
なくなってくる恐ろしいものです。)

これらのトラブルがなかったら・・・と考えるのはまったく野暮な話ですが、
間違いなくどれか一つのトラブルでもなかったら、
レースはまったく違った結果になったでしょう。
ま、それが「駅伝のドラマ」であり面白みでもあるのですが・・・


箱根駅伝に向けては各大学、優勝のためにぎりぎりの調整を行い、
レースではそれが結果として怪我やトラブルを招くことがある。
今回の箱根は、まさにそれを感じさせました。


ここまで述べてきましたが、
選手の皆さんには、とにかく「ありがとう」といいたいです。
順天堂大学の8区の意識のない中「とにかくたすきをつなごう」という必死さ、
亜細亜大学のゴール地点の歓喜には
思わず胸があつくなりました。
こんな感動は、そう簡単に得られるものではありません。



ありがとう!そしてお疲れ様でした!!
[PR]
by cantabile-mu | 2006-01-03 14:45 | 世間に想う
阪神タイガース、0-4で日本シリーズを終えました (((´・ω・`)

ほんっとあっと言う間でした。


日本シリーズってこれからだっけ?
みたいな感じです。

自分の中で盛り上がる前に終わってしまいました。


これだけは言いたくないけれども、
阪神弱すぎた・・・・


この前の続きでなぜロッテが強かったか、ですが。
バレンタイン監督の采配にもそれはありました。


日替わり打線 です

これはつまり、相手投手との相性などにおいて常に打順を変えて試合に臨むということです。
1番から4番まで、あまり区別をしたりしませんでした。
今季だけで100通り以上とか、すごいの一言です。

これは具体的には、
1.控え選手に『いつ俺が出るかもしれない』という緊張感を与える。

   →これは選手の能力を底上げを可能にしました。またモチベーションの維持にも大きく
     かかわりました。今回、堀や小坂などのレギュラークラスが抜けても補う選手が
     十分にいたのこれが大きかったのではないかと。

2.相手チームに戦力の分析を容易にさせない。

   →これは日本シリーズのような短期決戦において重要です。阪神は基本的な打順は
    常に固定しており、誰がキーパーソンであり、誰を抑えればいいかが明確でした。
    一方ロッテは、誰がキーになるか明確ではない分、選手に対する調査が分散しました。


ここまで分析しましたが、とにかくロッテは強かったです。


まずとにかく来年来年!来年はぜったいに日本一を!!!
阪神ナインおつかれさま!!


これからはストーブリーグをじっくり楽しむことにしましょう(  ̄ー ̄)
[PR]
by cantabile-mu | 2005-10-27 19:46 | 世間に想う
やはり…予想は多々ありましたが
だいぶ追い込まれてきています( ゚Д゚)
阪神タイガース。

3試合目も20:00現在負けているし。

1試合目、2試合目と連続2試合10点以上取られてしまいました。
こんなことは今季のタイガースにおいて一回もなかったんですが。



なぜか!
考え1 基礎実力差
 これはほとんどないんです。細部をよーく見ると、
 『エラーの数の少なさ』『先発投手の安定』など若干ロッテのほうが上の部分はあります。
 
 でもチーム打率・防御率など大きなところでの大差はないといえます。


考え2 プレーオフの影響
 はっきり言ってこれだと思います。
 
 2週間必死に一戦必勝の戦いをくりひろげたロッテ、
 2週間若干名が2軍級の試合に出て、合宿をしていた阪神、
 
 はっきり言ってこれではモチベーションが全く代わってきます。
 
 

今回の日本シリーズはここまでその勢いの違いがはっきりと現れている形になっています。

また、タイガースにおいては核である『赤星』『金本』あと『今岡』が逆シリーズ男
つまりシリーズになってとたんに不調になるプレーヤー、になってしまっている
ということがとても大きいです。

逆にロッテには『今江』『西岡』といった若いプレーヤーがシリーズ男となりつつあります。
優勝するチームには必ずそういう、シリーズにおいてラッキボーイ的な活躍をする人がいるんです。


今日も負けてるしな…がんばれタイガース! フレーヾ(゚ー゚ゞ)( 尸ー゚)尸_フレー




私は卒論にメッタ打ちをくらい中です(´・ェ・`)
[PR]
by cantabile-mu | 2005-10-25 20:08 | 世間に想う

ついにその時が…


阪神タイガース、

優勝です!!


6時半から中継をみて身構えてました(´ー`)
まさか数年前まではこんなチームになるとは思ってもみなかったなぁ…


今日はゼミ先生のにまたちと怒られたけれども、
それはちょこっとばかり置いといて祝うことにしよう。


おめでとう岡田監督!
おめでとう阪神ナイン!!
おめでとうトラッキー!!!
[PR]
by cantabile-mu | 2005-09-29 21:03 | 世間に想う